上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々にマビINできたよ!

日曜日までINできるよ!

暇な方はどうぞ拉致ってください!!!!!!!!!11111






雨音子が最高すぎる。


歌詞
Nothing's on my back because I wanted it with you
And I want you too... I want you
I'm still at my prime because no one will let it through
I want you to... I want you to

You're caught up in the morning rain
As always, you have called me again
I'll be there by seven, but I should've said eleven
Well just to make you teased again

I hop out from the quiet bed
I hop on to the private train
Takes forty minutes ride from here
To apartment where I aim to appear

I'll be you're umbrella and I'll save you from Cruella everyday
So don't you shut me out of there as soon as all the sky is clear
Because

Nothing's on my back because I wanted it with you
And I want you too... I want you
You're still at our flat where we kissed
in every nook
That makes me so... that makes me so...

Good old station welcomes me
I used to use it every week
Attendant still remembers me
And gently he says,‘Where've you been?’

I've been round in circles like an overturning turtle, I guess so
I'm trying to overturn again but water in this pools me in

Nothing's on my map because I wanted it with you
And I want you too... I want you
Lasting dream won't last, I guess this saying's coming true
I bet you so... I bet you so

I finally arrive at Hilton suite
It's 6:08 but I rang the bell
I gave her name and suddenly,
The rain has stopped to fall, ahd breezed

(Way to go way to go way to go
Where to go where to go where to go
Where do you go where do you go)

She answers me on entry phone
My duty has been canceled off
She said she's going out with friends
Now, there's nothing that I can say
Because I'm in charge of rainy days

Nothing's on my back because I wanted it with you
And I want you too... I want you
I'm still at my prime because no one will let it through
I want you to... I want you to...
I miss you so... I miss you so...
I kissed you though... I kissed you though...

和訳

僕は何も背負っているものは無いよ。だって僕は君と「それ」がしたかったんだもん
そして、僕には君が必要なんだ。。。君が。。。
僕はまだ青春真っ只中にいるよ。だって誰も「それ」をさせてくれないからね
僕には君が必要なんだ。君が。。。

君は朝、雨に遭ったね。
いつもと変わらず、君は僕をまた呼ぶ。
僕はそこに7時につく予定さ
でも、11時って言うべきだったかな
ただ、また、君をからかいたかっただけさ

僕は静かなベットから飛び降りて
誰もいない列車に飛び乗った
ここから40分かな
アパートに僕が着くまで

僕は君の傘になるだろう
そうして、君をクルエラから守るんだ
だから、僕をそこに締め出さないで
すぐに、空は晴れるからさ
だって。。。

僕が背負っているものは何もないよ。だって僕は君と「それ」をしたかったからね。
そして、僕には君も必要だ。。。君が
君はまだ僕たちがキスしたアパートにいるだろうね
その事が、僕をそうさせるんだ。。。そう。。。

懐かしい駅に僕は到着し
僕はその駅を毎週使っていた
係員はまだ僕のことを覚えていたみたいで
穏やかに僕に言った。「どこにいってたんだい?」って

僕はさかさまになっちゃった亀のようにもがいているんだ
自分でもそう思うよ
僕はもう一回ひっくり返ろうとしているところさ
自分からこの水溜りに入ろうとしてるんだ

僕の地図には今何ものってないよ。僕は君と「それ」がしたかったんだ。
そして、僕は君も必要で。。。君が。
永遠の夢は長続きしない
この言葉が本当になるんだなーって
そうなんだろうね、そうに違いない。

僕はついにヒルトンスイーツ(高級ホテルの名前)に着いて
6:08だったけどベルを押した
彼女の名を呼んだ。すると、突然
雨はやんで、風が吹き始めた
彼女のはインターフォンごしに答える
(すべきことがあるのでは)
[僕の義務はなくなったよ]
(いくべきところがあるんじゃない?)
彼女はいった「友達と出かけるんだ」
君はどこへ?どこへ行くの??
今、僕が言えることは何もない
だって僕は雨の管理人(雨音子)だから


僕が今背負うものは何もない。だって、僕は、君とそれがしたかったから
そして、僕には君も必要で。。。君が
僕はまだ青春真っ只中さ。だって、だれも「それ」をさしてくんないからね
僕は本当に君にしてほしくて。。。君に
僕は本当にさびしくて。。。本当に
僕は君とキスはしたけど。。。キスは。。。


ある時の出来事思い出して泣いたwww
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kimagurereosan.blog12.fc2.com/tb.php/31-1c92e9b1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。